試験

【甘くはない】ビジネス会計検定2級は不合格でした

日商簿記検定とビジネス会計検定試験の合格を目指したものの

簿記の人気資格と言えば日商簿記です。商業高校生から社会人まで多くの方が受験されます。特に1級に合格すれば、税理士試験の受験資格も得られます。

その一方で、現在のところ受験者数がそれほど多くないのが、ビジネス会計検定試験 。日商簿記が財務諸表の作成ならば、ビジネス会計検定試験は財務諸表の分析がメインです。

つまり表裏一体であり、せっかく日商簿記を勉強するならば、ビジネス会計検定試験も並行して合格を目指そう、という計画です。

関連記事
日商簿記受験生ならビジネス会計検定は独学でも合格が目指せる!

続きを見る

いざ受験!ビジネス会計検定試験2級の欠席率が結構多かった件

令和元年9月1日(日)にビジネス会計検定試験2級を受験してきました。

同年の6月30日?にはビジネス法務検定2級を受験しましたが、これと比較して、今回のビジネス会計検定試験2級は欠席率が多かったように思います。

私の隣、後ろの席は2人とも、という感じで、体感的には欠席率は25~30%ぐらいでしょうか(ビジネス法務2級は欠席者は少なかった)。

もちろん日曜日ということもあり、家族サービスで忙しい受験生の方もいらっしゃると思いますが、受験料は6,480円(当時の税率8%込み)なので、もったいないと思います。

ビジネス会計検定2級の結果は不合格でした

結果は不合格です。もちろん試験結果は出ていませんが、明らかに合格ラインの70%に届いていません。

2級の出題は大問が4つ。このうち最後の2問が総合問題です。この総合問題がほとんど解けませんでした。第3問のキャッシュフロー計算書の空欄も分からなかったし、他にも分かりませんでした。

「ビジネス会計検定試験2級の欠席率が結構多かった件」にありますが、準備不足で欠席された方もいらっしゃると思います。今考えれば、もっと準備をして試験に臨むべきだったと思います。

次回のビジネス会計2級の試験は来年の3月実施。十分な準備をしたいと思います。

参考
独学でビジネス会計2級に不合格!通信講座を受講すべきだった - 人気のオンライン通信講座を徹底評価!
独学でビジネス会計2級に不合格!通信講座を受講すべきだった - 人気のオンライン通信講座を徹底評価!

続きを見る

おすすめの試験対策講座が少ない!

ビジネス会計検定試験は、日商簿記検定と比較すると、受験者数が圧倒的に少ないです。

だから日商簿記なら、初心者でも合格が目指せるユーキャンの簿記2級講座とか、忙しい社会人でも合格が目指せるスタディング簿記講座とかたくさんありますが、それにしてもビジネス会計検定は、自分に合った講座がないです。困ったものです。

関連記事
日商簿記受験生ならビジネス会計検定は独学でも合格が目指せる!

続きを見る

ビジネス会計1級を受験すべきか?2級のリベンジを果たすべきか?

不合格の見込みですが、せっかく勉強したのだから、今までの時間は無駄にしたくない。そこで考えられるのが、来年春に実施されるビジネス会計検定2級へのリベンジ。

しかしこの3月の試験に合格しても、1級の試験は年1回の実施。そう1年後なんですよ(1級は毎年3月のみ、2級と3級は3月と9月の実施)。1年間は長いです。覚えたことも忘れそう。そんなリスクを考えると、いきなり1級に挑戦する方法も検討しないといけません。

もちろん2級に落ちていますから、2級の内容も確実にマスターしないといけません。準備期間も考えて、早く結論を出したいです。

結局は独学?いい講座がないものか?

2級は公式テキストと過去問題集でなんとか合格できそうな気はしますが(もちろん勉強は必要です)、1級となると、公式テキストと過去問題集の繰り返しだけで合格ができるか不安です。

合格率も2級とは違い低いです。日商簿記ならばユーキャンの簿記2級講座とかスタディング簿記講座など、分かりやすくてサポートが充実している通信講座がありますが、ビジネス会計検定は少ないですよね(受験生そのものが少ない)。

もちろん採算が合わないからだと思いますが、どこか1級対策講座を開講していただけないものでしょうか。

次の試験まであっという間!残り時間は少なく、無駄にはできない

ビジネス会計検定も日商簿記検定も年数回の実施。したがって本試験まではあっという間です。本試験までは余裕があっても、本当に、本当にあっという間です。

特に社会人の方は、本業の仕事に没頭され学習する時間もなく試験を迎え、不合格になる傾向があります。

フルタイムの受験生と比較して不利な点は多いですが、残り少ない学習時間を効率よく進めるためにも、すきま時間を繰り返し学習で常にエンジンを温めておくことです。これが社会人でも短期合格する方法です。ぜひ合格に向けて頑張りたいものです。

毎日少しづつでもいいから学習時間の確保を

しかし、少しの時間でも十分なので、今まで学習してきた内容を繰り返し勉強しましょう。ユーキャンの簿記2級講座の受講生の方ならば、添削指導の復習がおすすめです。特に間違った箇所を復習しましょう。「できない問題をできるようにする」、これは合格への鉄則です。

そして繰り返しによって学習内容の定着を図る目的もありますが、それ以上に学習のリズムを崩さない、という点に目的があります。

今まで学習してきた内容ならば、すぐに学習に入れます。このように日商簿記検定の学習への垣根を低くして、毎日リズムよく学習することが重要なのです。

またスタディング簿記講座の受講生の方ならば、動画講義の視聴もおすすめです。

スキマ時間でもマスターできるよう、ちょうどよいボリュームの講座になっています。

復習こそ、実力を定着させ、不安を取り除く

学習が順調に進んでいる前者のタイプなら、何も問題はありません。もし後者のタイプで、思うように学習効果が表れず不安に思っている方は、ぜひ今まで学習した内容の総復習をしてみてください。

ユーキャンの簿記2級講座の受講生の方ならば、テキストや問題集はもちろん、添削問題の復習も。もちろんスマホでの動画講義の視聴もおすすめです。

またスタディング簿記講座の受講生の方ならば、講義動画の再生スピードを変えて視聴するのもおすすめです。疑問点は必ず、講師の説明で理解しておきましょう。

本来、復習は学習内容を定着させるために行うものですが、不安を取り除く方法としても有効です。特に今まで学習した内容の総復習を行えば、以前はできなかった問題が解けるようになっていた!など新たな発見・自信につながるからです。

特にユーキャンの簿記2級講座を受講されている方なら、採点された添削問題の復習は絶対にしておきましょう。理解度アップはもちろんのこと、先生のコメントや激励もやる気アップにつながるかもしれませケースも少なくありません。

イメージトレーニングも重要!

日商簿記検定の学習は1級や2級ともなると長期になることがあります。これは試験が難しいため、「やる気が起きない」なんてケースも少なくありません。そこで重要なのがイメージトレーニングです。

実際に日商簿記検定に合格したイメージ、そして現役の経理マン(ウーマン)として活躍するイメージ。このような具体的なイメージトレーニングをすることで、試験勉強のモチベーションも維持できると思います。

またユーキャンの簿記2級講座の受講生の方ならば、添削課題を見直してください。先生のコメントでやる気アップにつながることもあるかもしれません。

日商簿記検定の合格には、「正確な知識」と「分析力」そして「答案力」、これが必要なことは言うまでもありません。

メンタルトレーニングもおすすめ!

しかしプロ選手が実践しているように、「メンタルトレーニング」もまた効果的なのです。

このメンタルトレーニングですが、各種セミナーやスクールを利用するのはもちろんのこと、本を購入して自分で取り組むのもおすすめです。

最初から無理をしないで、少しずつ行うといいでしょう。

(スポンサードリンク)

もし具体的なイメージが浮かび上がらない場合は、2019WBSC世界野球 プレミア12の優勝シーンを思い出しても良いでしょう。気分が高揚し、日商簿記検定の学習にも力が入ると思います。頑張って下さいね!

【動画】「2019WBSC世界野球 プレミア12 決勝」

(スポンサードリンク)

-試験

© 2021 日商簿記から税理士・公認会計士試験の合格を目指すサイト